田舎一覧

ワープ道

江口さん(仮名)はかつての中学校時代、自転車通学をしていた。 朝はいつも遅刻ギリギリに家を出て、田舎道をカッ飛ばしていたのだが...

竹林の音

亀山さん(仮名)が小学生だった頃、いつも通っている通学路の途中には竹林があった。 竹林、と言っても、人の手が入ってきちんと管理...

冷たい所

小学校の夏休みの、とある日のことだった。 朝から雲ひとつない天気で、とても暑い日だったのを覚えている。 休みの間開放され...

いない日

新本さん(仮名)の地元は、某県の山間にある小さな町である。 自然豊か、というか、はっきり言って自然しかないような所であり、町の...

コツンコツン

程よい田舎在住だった子供の頃、二階の自室の窓には、夜ともなると様々なもの達が訪れた。 カーテンを閉めていても、僅かに漏れる明か...

上の歯下の歯

植松さん(仮名)は、小学生の頃は毎年夏休みのたび、盆休みに帰省する両親と共に、田舎の祖父の家に行っていた。 その年の盆も植松さ...

カミナリと手形

中学校の頃は自転車通学をしていた。 とある夏の暑い日の学校帰り、急に雲が湧き上がってきたかと思ったら雷が響き始め、あれよという...

カレーの香り

カレーの香りというのは、食べ物の中でも特に分かりやすく、またよく嗅ぐ機会のある香りだと言えるだろう。 夕飯時に住宅街を歩いてい...

空蝉

子供の頃、たぶん小学校低学年くらいの時だったろうか。夏休みの間に蝉の抜け殻を集めたことがある。 今にして思うとなんでそんなもの...

スポンサーリンク