逃げ水

夏の、暑い日だった。

学校からの帰り、田んぼの中の一本道を自転車で走っていると、アスファルトの道のずっと先が鏡のように光っていた。

逃げ水。

蜃気楼の一種であり、地面が熱せられて直上の空気が歪むことから、光が屈折してまるでそこに水たまりがあるように見える、という自然現象である。

実際にそこに何かがあるわけではなく、近づいても近づいた分だけまた遠くに見えるようになるだけだ。故に逃げ水、という名称がついている。

暑い時期ならさほど珍しいものでもないので、特に気にはならなかった。

しかし……

「……ん?」

最初は、気のせいかと思った。

前方遠くに見える逃げ水が、だんだん近くなっているような……

じっと注視する。間違いない。近づいてくる。鏡のように見える幻の水面が。

自転車を漕ぐのを止め、地面に足をついた。それでもこっちに来る。止まらない。

こちらが近づいているのではなかった。向こうから来ている。逃げ水が、道路の上を滑るように。しかも、近づくにつれ加速が増すとでも言う風に、あっという間に迫ってくる。

逃げる? でもどこに? ここは田んぼの中の一本道だ。左右は青々としてまだ穂も付けていない若い稲が茂っている。その中に飛び込むくらいしかない。

そんな事を決める間もなく、逃げ水はやってきた。

瞬間、真冬のような寒さを感じた。本当に気温が下がったのか、恐怖でそう錯覚したのかは判断がつかない。

寒さの他に、音も聞こえた。

獣の叫びのような、大勢のざわめきのような、強い風が森の梢を揺らすような、渦を巻いて流れる激しい濁流のような、そんな、いろんな響きが混じった、爆発のような音だった。

寒さも、音も、一瞬の事だ。

そう、たった一瞬。

後には、口をぽかんと開けた自分だけが残っていた。

周囲には、何の変化もない。

こわごわと後ろを振り返っても、通り過ぎていったはずの「もの」はどこにもなかった。

前方に目をやると、遠くにまるで何事もなかったかのように、逃げ水が見えている。

よっぽど回れ右して他の道を通ろうかと思ったが、それだとかなり遠回りになってしまう。

仕方なく、おっかなびっくり自転車を漕ぎ始めた。

幸い、再び逃げ水が近づいてくる事はなかった。