ゴツン

かつて通っていた高校の階段が、ちょっとおかしかった。 最初は入学してすぐの1年生の時。 友人と歩いていて、校舎の中央にあ...

雲を追う

小学校の頃、夏の暑い日の事だ。 学校帰りに、友人達と歩いていた。 最初に気づいたのは、誰だったろうか。 「なんだあ...

公園の鳩

近所に小さな公園がある。 昼間に通りかかると、数羽の鳩がいるのをたまに見る程度だったのだが…… つい先日の夜、だいぶ遅く...

自転車のカゴに…

ある日の朝、梅本さん(仮名)が自宅から自転車で出ようとすると、前カゴに何か入っているのに気がついた。 見たこともない、外国製の...

壊れたはずの人形

佐島さん(仮名)の実家のリビングの片隅に、ひとつの人形が置かれている。 ウイスキーの瓶を上下逆さまに繋げた体に、毛糸を編んで作...

街灯の下

夜、遅くなった帰り道での事だ。 国道沿いの歩道を、一人で歩いていた。 月は出ておらず、明かりといえば、一定の広い間隔を開...

救急車の音

飯倉さん(仮名)は、救急指定のある病院の側に住んでいたことがある。 家にいると、朝と言わず夜と言わず救急車のサイレンが聞こえて...

迷う

柏原さん(仮名)は、毎年お盆になると帰省のついでに実家の墓に墓参りに行く。 墓地は小高い丘の上半分が全て墓地になっているような...

アンテナ能力

山北さん(仮名)は、携帯の電波が弱い場所がなんとなく分かるという。 そんな所に行くと、なんとなくピンとくるのだそうだ。 ...

梅の木

萩谷さん(仮名)の家の庭にあった梅の木に、ある年異変が起きた。 木の幹に、野球のボールくらいのこぶが10個ほどできたのだ。 ...

スポンサーリンク